まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

整 経

ナダルジョコビッチの準決勝戦が終わったのが午前6時半頃で、9時前には家を出ないといけない状況。酵素風呂の前に普通のお風呂で汗をかくのが良いのか悪いのか、でも昼間に肌寒く感じていたぐらいだから少しは温めておきたいし、と迷った末に短めにお風呂。結局、寝る余裕はなく、睡眠をとらないままで酵素風呂へ。

それでも自転車で向かう間に代謝が上がったのか、気温に応じて米ぬかの温度も高かったので快調に発汗。気持ちよかったー。ただ、さすがに眠くなってきたので、終了後にはまっすぐ帰宅。着替えを洗濯機に押し込んで、倒れ込むようにベッドへ。

幸い仕事もはけて特に予定もないので、アラームはセットしなかった。目が覚めて枕元の時計を見ると、4時を回っている。4時? 16時? すぐには判断できず、スマホで確認。16時のほうだった。5時間弱しか眠れなかったかぁ。もっと寝た気がしたんだけどなぁ。

久しぶりにアリオに出かけ、上島珈琲店で読書の続き。自宅だと読書に集中できないって厄介よねぇ。カルディとヨーカドーの食品売場で買い物を済ませて帰宅し、ひと息ついてから、手織りの整経。もう1回だけ波型シャトルを使ってみたくて、前回の黒に対し、今回の経糸は真っ白。

f:id:maru99:20210611232733j:plain
f:id:maru99:20210611233302j:plain

経糸を2m強の長さで180本になるよう、左の写真のように整経台に棒を立て、糸をぐるぐると回しかけて行く間、その糸の元(今回は玉でなく、芯棒にぎっしりと巻いてあるタイプ)の扱いが問題で、床や机の上に置いておくと転がってしまうし、芯棒に編み棒を差し込んで手で持っていると片手がふさがってしまう。床に箱を置いてその中で転がすのも試したんだけど、床から台まで距離があるので糸が引っ張られてしまいやりにくく、机の上に箱を置くと邪魔になる。そこで今回、思いついたのがサコッシュムーミン柄の大きなバッグとセットで販売されたもので、そこではスクエアポシェットと書いてあったけれども、まぁ要するに斜めがけできるタイプのポーチ。これが芯棒に巻いてある糸がすっぽり入る大きさで、糸を回しかける作業の間は立っているから、ポーチの位置もちょうどよく、糸がスルスルと出てくる。これはいい思いつきだったわー!