まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

エレクトラ

ゆっくり起きて、ひと息ついてすぐに OTTAVA.TVで配信されているウィーン国立歌劇場のオペラ「エレクトラ」を視聴。

ギリシャ神話を素材にしたリヒャルト・シュトラウスの作品で、メトロポリタン・オペラのライブビューイングも観たことがある。今回の王妃クリュテムネストラは、MET版でも同じ役を演じていたワルトラウト・マイヤー。主人公のエレクトラは、クリスティーネ・ゲルケと表記されていたので知らない人かと思ったら、METでの表記はガーキー。「ワルキューレ」のタイトルロールや、つい最近では「蝶々夫人」ライブビューイングのホストも勤めていた。エレクトラの弟オレストは大好きなミヒャエル・フォレ。妹クリソテミスはシモーネ・シュナイダー、王妃とともに先王を暗殺したエギストはノルベルト・エルンスト。

母による父の暗殺という悲劇の中で苦悩するエレクトラ。行方不明だったオレストが戻り、復讐を遂げる。全体的に暗い舞台の上手に2基のエレーベータが設置されていて、その中は照明で明るく、城への出入りを表している。エレクトラやオレストの衣装も黒で、クリソテミスは真っ白なワンピース。それぞれの印象を反映しているのかな。

王妃は良心の呵責からか悪夢に苛まれ、エレクトラに救いを求める。父への愛情から母を憎んでいながら、母にハグされたときのエレクトラの表情に嫌悪感はなく、むしろ愛情さえ感じさせる。複雑な愛憎。

比較的地味な作品ではあるけれど、見応えたっぷり。

写真は、オペラとは全く関係ないけども、作品展での小物の販売に役立ちそうな小銭入れ。コンパクトで収納力たっぷり。

f:id:maru99:20200219143636j:plain

 

合唱コンサート

午後に駅前のホールで、合唱団じゃがいものコンサート。仙台フィルチェリスト山本純さんがご出演。今年は仙台での復興コンサートに参加できないので、せっかく地元でのコンサートだから地元のお菓子を手土産に、と近所の和菓子屋で「亀のたまご」を調達。

1時半開場2時開演だとばかり思ってホールに行ったら2時開場2時半開演の間違いで、早すぎてしまったのだけれど、そのおかげでロビーで純さんにバッタリ。ご挨拶してお菓子も手渡すことができ、よかった。

開場を待つ間に OTTAVAリスナーさんがいらして、あれこれお喋りしているうちに開場。

3部構成で、1部は谷川俊太郎さん訳のマザーグース歌曲集。マザーグースは昔よく読んだのよねぇ。懐かしい。2部は「林光編曲によるソングブック」として、スメタナ「河の歌」、シベリウス「希望の歌」、クラヘルスカ「埋められた武器のための子守唄」、カタルーニャ民謡「鳥の歌」、武満徹「死んだ男の残したものは」、そしてレナール「さくらんぼが実る頃」。15分の休憩をはさみ、3部は合唱劇「泣いた赤鬼」。

メンバーが皆にこやかな笑顔で、とてもあったかい雰囲気の合唱団。小さな女の子もいて、3部ではお母さんに抱かれた赤ちゃんも。純さんによると、親子2代、3代で参加しているメンバーもいて、そのうち4代めも誕生するかも、とのこと。3部の赤ちゃんは指揮者のお孫さんで、おじいちゃんが大好き。カーテンコールでは客席からの拍手に合わせて小さな手でパチパチしているのがなんとも可愛らしかった。

f:id:maru99:20200219134006j:plain

浜田廣介は子供の頃、伯母が書店を営んでいたこともあり、装丁が豪華な全集をプレゼントしてもらい、大切に愛読していたのに、引っ越しの際、問答無用で処分されてしまい、大泣きしたことを覚えている。大好きだったのにー。

 合唱っていいよねぇ。たくさんの声がグッと凝縮して美しく響き合い、「あ、今ひとつになった」と実感できる瞬間を遠い昔に何度か経験しているだけに、今日のように楽しそうに歌う合唱を聴いているとうらやましさもこみ上げてくる。

もうかなり昔、今の住まいの近くで合唱サークルを探してみたことがあるんだけど、とあるゴスペルサークルに見学に行ったら、宗教色は一切ないという話だったのに、終了後にそれぞれの経験を話し合い、手をつないで祈りましょう、みたいな。あれはがっかりしたなぁ。

大きな声で歌うと、それだけで気持ちいいのよねー。

終演後のロビーで他のリスナーさんとも合流。近くの串揚げ屋で楽しいひととき。

来年の今頃にも同じホールでコンサートがあるとのこと。楽しみ ♪

絵織り

14時から美律ホルモンヨガ。スタジオの通路にインストラクターの写真が何枚か掲示されていて、そのうちひとりだけ一度も見かけたことがないと以前から思っていたら、今日のレッスンの担当がその方。でも写真とぜんぜん違ーう! でも言えない、と思った矢先、別のメンバーがご本人にストレートに質問。若い頃の写真だそうな。それにしても違いすぎー。

久しぶりのプログラムだったけど、汗もよくかいたし、気持ちよく発汗できた。

帰りにスーパーに寄り、夕べのお鍋に足りなかった青菜を補充すべく、ほうれん草を購入。帰宅後ひと息ついてから、絵織りの続きに精を出し、夕食にはほうれん草をプラスしたお鍋。

WOWOWで録画しておいた「生きているだけで、愛」を観ながらせっせと織る。躁鬱を繰り返す寧子(やすこ)を演じる趣里が圧巻。水谷豊は演技力というよりは存在感の人だと思っていて、娘の趣里は演技力の点では両親のどちらも超えているんじゃないかなぁ。寧子と暮らす津奈木を菅田将暉。パニックを起こす寧子を抱きしめる場面と、自分も仕事でクタクタになって、不満をぶつけてくる寧子を醒めた眼で見つめる場面がめっちゃ良かった。他に、仲里依紗田中哲也、西田尚美など。インパクトがとても強かったので、とりあえず録画を消去しないでおこうっと。

絵織りはようやくゴールイン! 経糸と横糸の太さの関係で、猫の顔がやけに縦長になってしまったものの、織り機からはずしてみたら、織地の幅はほぼ一定。前にも同じ模様にチャレンジしていて、織り終えたあとに幅の調整をしようとして台無しにしてしまったから、リベンジがかなってよかった (^^)

f:id:maru99:20200216034232j:plain

 

バレンタインとは無縁の金曜日

昨日のうちに書籍の和訳をひととおり終え、今日は朝イチで週1の酵素風呂へ。発汗すればするほど浴槽から出たときに米ぬかが肌にビッシリついているのだけれど、最近はそれなりに発汗しても、太もものあたりだけ冷えているのか米ぬかがつかずにサラサラしていることが多かったので、行きのバスの中で太ももの上をさすって温めてみたら、それなりに効果があったみたい。

どこにもよらずにまっすぐ帰宅。洗濯を済ませ、ひと息ついてから、再び身支度をして、ベックスのミネストローネプレートでランチを済ませてから、アルパのレッスンで国立へ。改札前にもいくつかの出店ができて、盛んにチョコレートを売り込んでいる。バレンタインねぇ…。無縁だわー。

新しい課題曲は「自由にアレンジしてみて」と言われたので、2回めの繰り返しの部分にアレンジを加えてみたんだけど、そのアレンジ部分をうまく弾きこなせていないという…。次回までにもっと練習しないと。

名曲かつ難曲の「カスカーダ」のほうもまだまだで、特にテンポが一定にならないので、ギターの伴奏だけをカラオケとして録音して頂いた。これを頼りに、練習練習!

林田さんの OTTAVA Salone のスタートには間に合わなかったけど、20分遅れぐらいで聴き始め、夕食は、生協から届いたばかりの枝豆がんもとつみれでお鍋。

f:id:maru99:20200214185322j:plain

青い葉っぱがないと色彩が寂しいわー。

検査結果

昨日献血したばかりなのに、もう検査結果が届いた。というかサイトで過去3回分を閲覧できるようになったというお知らせ。それにしても早い。先月末にクリニックで受けた健診の結果がまだ届いていないのに。

基準値の範囲からはずれている数値は赤で表示される。もともと基準値未満の血小板数は除くとして、前回、赤だったのは白血球数だけ。果たして今回は?

白血球数は、基準値が38以上のところ前回は36だったのが今回42に上がってクリア。ところが、その他にも赤い数値が2つもある!

1つは総蛋白で、基準値は6.6以上。前回は7.2だったのが今回6.3。もう1つはアルブミンで、基準値4.0以上。前回は4.5で、今回3.9。ほんのちょっとずつ足りないのねー。

この2つの数値が低い場合、栄養不良やネフローゼ症候群、肝機能の低下などの疑いがあるらしいんだけど、肝機能に関するサイトによると、肝機能の低下が疑われる基準値は総蛋白が6.6以下、アルブミンが3.7以下だから、アルブミンのほうはクリアしている。

日本人間ドック学会のサイトでも、アルブミンは3.9以上なら基準範囲だと。ただ総蛋白のほうは、このサイトでも6.3は「要注意」の範囲なのよねぇ。

食事はしっかり摂っているから栄養不良とは思えないし、ネフローゼ症候群はむくみを伴うそうなんだけど、それもまったくない。肝機能が低下しているかどうかは自分では分からないけど…。

まぁ、健診結果は連絡があり次第、クリニックに出向いて医師から伝えてもらうことになっているから、そのときに相談してみようっと。

今日もコメダ珈琲で和訳の見直しをして、ひととおり終了。でも「要検討」の箇所が少なからず残っているので、まだもうひとふんばり。

帰りにアリオに寄り、スタジオクリップのムーミン75周年記念グッズもドラッグストアのいくつかのコラボ商品もスルーしたのに、カルディでつい買ってしまった。

f:id:maru99:20200213185820j:plain

小さなフィギュア付きで、カプセルに入っていたのはパパ。てっきりフィンランドからの輸入品かと思いきや、まさかのイタリア産 (^^ゞ

献血

前回の献血から所定の期間が経過したのでまたぜひよろしく、というメールが届いたのが1月下旬。そろそろ行かねば、と今日の14時に予約を入れておいた。

その前に、と昨日に続きコメダ珈琲和文の見直しを2時間。昨日のコメダ珈琲と同じくらい久しぶりのベックスで、20品目のミネストローネプレートでランチを済ませてから有楽町の献血ルームへ。

問診の際、服薬の有無をきかれ、花粉症の抗アレルギー薬も該当するとのこと。薬の名称も必要で、お薬手帳スマホのアプリにしていたおかげですぐに分かった。医師による問診では、分厚い資料でその薬を検索し、問題ないとのこと。よかったー。

もうひとつ、毎回心配なのがヘモグロビン。このところお鍋をしていなくて、小松菜やアサリのむき身を摂っていなかったから余計に心配だったんだけど、意外にも余裕でクリア。ほぼ毎日、ヨーグルトと一緒にプルーンを食べているのがよかったのかな。鉄分の含有量はそれほど多くないみたいだけど、ヨーグルトでタンパク質と一緒に摂るとヘモグロビンの生成を助けるそうだし、毎日摂ることでチリも積もればなんとやら。

本採血の間に、過去数回の検査結果で白血球の数値が徐々に下がっているのが気になっていると伝えたら、「あらそう? 今回の数値を見る限り問題なさそうよ」とのこと。数日中に送られてくるはずの検査結果も改善されているといいなぁ。

まず最初に「ゆずはちみつ」で水分補給したあと、採血前にブリックパックのアクエリアスを1本、献血後にはレディーボーデンとホットコーヒー。さらにコインを渡されて、お菓子の自販機へ。歌舞伎揚げにブラックサンダー、チョコチップクッキーとカロリー高めのお菓子が多く、唯一ヘルシーっぽいので選んだカロリーメイトもチョコレート味。なぜに?

f:id:maru99:20200212122536j:plain
f:id:maru99:20200212142349j:plain

献血後は少なくとも20分は休憩するように、との指示に従いくつろいだあと、有楽町から東京駅に移動し、越前屋でニャンドゥティの糸を補充。リクエストされた糸もそろい、ミッション・コンプリート。

通勤ラッシュが始まる前に最寄り駅に着き、今度はガストで和訳の見直し。ガストはそれほど久しぶりじゃないはずなのに、タブレットで注文する方式に変わっていてビックリ。画面に指の跡がベタベタついていて、感染防止が気になる昨今、ちょっと気持ち悪い。

見直しの途中で夕食も済ませ、いい感じに進んでいたのだけれど、最初から険悪な雰囲気だった近くのテーブルで言い争いがヒートアップ。店内中に響き渡るような大声だから話は筒抜け。お酒の勢いで壊したものの弁償をめぐる責任のなすり合い。今にも取っ組み合いの喧嘩が始まりそうな様相で、とても集中して作業ができる状況ではなくなってしまったので、撤退。時間的にそろそろ、と思っていたからちょうどよかったとも言えるんだけど、迷惑よねー。

細切れに進めている見直し、やっと半分ぐらい (^^ゞ

見直し

書籍の和訳をひととおり終えたあと、和文英訳のほうは相変わらず保留のままなのに、週末以降ほったらかしにしていたので、今日こそ見直しをスタートせねば、と久しぶりにコメダ珈琲へ。このところ長居するときはドリンクバーのあるガストを利用することが多く、調べてみたら、どうもコメダは今年初らしい。そんなにご無沙汰だったのねー。

祝日だけど早めに行ったので、カウンターの隅っこに席を確保でき、集中して見直しを進めることができた。以前から「土日・祝日は3時間制」と貼り紙があって、私が座ってからそろそろ3時間が経つ頃、周囲の席は私より先にいた人ばかりだったけど、空席待ちの人が増えてきたので、ちょうどキリがよかったこともあり、撤退。

もう1件、上島珈琲店かガストで見直しの続きをしようかなぁ、とも思ったけど、今夜は斎藤さんの OTTAVA Salone だし、それほど急ぐ必要もないし、と買い物を済ませて帰宅。

Salone をBGMに見直しの続きを進めればいいのに、やっぱり自宅だと集中できなくて、手帳に貼る写真のコラージュやらなんやら。

f:id:maru99:20200209210125j:plain

そんな今日のおやつはアポロチョコのヨーグルト。ネットで見かけたのをスーパーで見つけ、思わず買ってしまった。思ったより甘すぎず、甘酸っぱい。ヨーグルトの酸味というより、イチゴの風味?ヨーグルトを食べている感じはしない。あと、パッケージの写真のように、実際のアポロチョコと同じ形になるようにスプーンですくうのは無理っぽい。まぁ、話の種に一度食べれば十分かな。