まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

歌舞伎座

今月は、千穐楽よりだいぶ早めに歌舞伎座へ。十月大歌舞伎。国立劇場は最前列と花道の横だけ空席で、それ以外は全席販売だったのに対し、歌舞伎座はこれまでどおり1席おきで、幕間でも会話をしているとスタッフが飛んでくる厳しい体制は緊急事態宣言が解除されても変わらない。興行的には大変だろうけれども、安心できるのも事実。

第一部の最初は「天竺徳兵衛新噺」より「小平次外伝」。「新噺」は「いまようばなし」と読ませる。小平次という役は、「生きている小平次」という別の作品もあるぐらいで、とにかくしぶとくて殺されてもなかなか死なないというのがお約束。今回もそうで、猿之助が演じる小平次が斬られても川に沈められても這い上がろうとし、いよいよ落命してもなお幽霊となってこの世にとどまり続ける。タイトルに名前がある天竺徳兵衛は、お家乗っ取りの張本人として語られるだけで登場しない。猿之助の巧さが光る。敵役の巳之助は、ちょっとオーバーアクション気味かな。冒頭で男寅くんが奴として登場し、小平次とも長い台詞のやり取り。徐々にいい役がつくようになってきて嬉しい限り。小平次の妹おまき(米吉)が一目惚れをする旅の男を松也。休憩を挟んで幕が上がると、舞台は桜満開で華やかな吉原仲の町で、松也が鳶頭の姿で登場し、「小平次外伝」からの続きかと思ったら「俄獅子」というまったく別の舞踊だったという…。

13時ちょっと前の終演後、第二部はパスしたので、ゆっくりランチ、と外へ出て、先月ローストビーフが美味しかった店に行ってみたら、あいにくの臨時休業。それならば、と歌舞伎座周辺をぐるりと回ってナイルレストランへ。定番のムルギーランチ。安定の美味しさ。

そのあとタリーズで、和訳の見直し。2時間ほど集中していい感じで作業をしていたのに、隣りのテーブルに男性2人が来てビジネストークが始まってしまった。これが怪しげな化粧品のセールスで、月に何人に紹介すればこれだけの金額になるとか、これってネズミ講なんじゃ? 気持ちの悪い営業トークが声高に続くのが不愉快で、別の席に移動して作業の続き。

合計約3時間ほど見直しを進めた後、第三部。「松竹梅湯島掛額」は菊五郎の紅長に右近のお七、隼人の吉三郎、丁稚の長太を眞秀くん。かつては男寅くんもこの丁稚を演じ、お土砂をかけられクネクネになって舞台に転がり、客席に背を向ける形で横たわったあと、頃合いを見計らって寝返りを打ち、目を輝かせて舞台の成り行きを見ていたのがとても印象的だった。あれからもう十年以上? 早いわー。後半は、お七の人形振りが見どころの「伊達娘恋緋鹿子」。前半では、おっとりしていながら駄々っ子のようだったお七がこの後半では、人形になりきり表情は変わらないのに、恋の一念が艶っぽさとなって溢れ出る。菊五郎が隼人に夜遊びをしているんだろうとからかい、隼人が「私生活は本人に任せております」と事務所の人のように返す場面も面白かったけど、少女に扮した橘太郎が「どんぐりコロコロ」の替え歌で「ひいさま銀座で遊びましょ」と歌ったときには思わず噴き出してしまった。ひいさま=菊五郎と知っている人にしか伝わらなかったかもしれないけど。いつ見ても楽しい作品。

最後に芝翫の「喜撰」。つい最近、三津五郎追善の番組でお手本のような喜撰を見ちゃったからなぁ。比べちゃいけないんだろうけど。

終演後、久しぶりに夜の歌舞伎座を撮ってみた。

f:id:maru99:20211021200143j:plain

 

絵の教室

昨日より少し気温が上がったので、コートを無印のフランネルのシャツに替えてみた。陽射しはそれなりに温かい。でも風が冷たく、やっぱり肌寒い。

絵の教室は夕方だけれど、その前に和訳の見直しを進めようとコメダ珈琲へ。たっぷりブレンドをお供に右手に赤ペン。幸い周りのテーブルもひとり客ばかりで静かだったこともあり、じっくり集中できた。3時間ほど作業をし、ミニサンドをトーストに替えてもらって腹ごしらえを済ませ、大泉学園へ。

f:id:maru99:20211020184957j:plain

カラーの花の絵はこれまでグレーの濃淡のみを重ねてきた。今日もその作業を続け、今まで以上に細かいところまで描き込み、ひととおり終了。次回からいよいよ着色に入る。楽しみだなぁ。今はまだ左の写真のとおりだけれど、色がのれば全体の印象がガラリとかわるはず。ただ、12月下旬の作品展までの間に教室はあと2回か3回しかないから、この絵も出展できるかどうかはとっても微妙。できるといいなぁ。

お菓子は不要と事前に連絡をもらい、手ぶらで行くのもなんだから、カルディのメープルクッキーを持参。メインはリストランテアルポルトのショコラートフルーツサンド。他にもあけぼののおせんべいなどが加わり、盛りだくさん。

終了後には、駅ビルの中にある「あさくま」で、デミグラスソースのハンバーグに目玉焼きをトッピング。すべてのメニューがサラダバー付きで、サラダだけでなく、ライスも白米とガーリックライスの2種類、パンや牛スジカレー、コーンスープなども用意されていて、サラダバーだけでもお腹いっぱいになりそう。追加したドリンクバーにはソフトクリームもあり、機械から出てくるのをカップに巻き取る。バイト先でしょっちゅうやっていたなぁ … 遠い昔。ハンバーグの写真は撮り忘れてしまった。

帰宅後お風呂でつらつらと考える。和訳の見直しをしていて、どうもしっくりこなくて違和感が残ったままの訳語があり、気になっていた。じっくり温まり、汗が出始めた頃に、ピコーンとある語句が浮かんだ。これならいけるんじゃ? お風呂から出て、ネットで用例をチェック。いける! これで悩みは解消。ブラボー!

手織教室

昨日よりさらに気温が下がり、12月の気候ときくと一層寒く感じられ、まだ衣替えをしていないクローゼットの奥からDoCLASSEのマジカルサーモコートを引っ張り出した。まさか10月下旬からこのコートを着ることになろうとは。秋は? 秋は一体どこへ行ってしまったの? もう日本は四季のある国じゃなくなってしまったのかしらねぇ。

織り機を背負い、いつもどおりバスで早めに移動し、サイゼリヤでランチ。ナスのミートソーススパゲッティ。昨日、図書館で貸出ができなかったし、和訳文の見直しをするほどには時間の余裕がないので、近藤ようこ「高丘親王航海記」の1巻を読む。儒艮と書いてジュゴン平安時代の物語に登場するジュゴンがなんとも可愛らしい。

手織教室は1人だけ欠席。ニャンドゥティのドイリーを縫い付けたバッグは展示の準備用に預けてきてしまったので、房結びのあと湯通しと陰干しで仕上げたガンクラブチェックのマフラーのみを見て頂いたあと、2つめのバッグの本体を織り進める。先生に前回、見せて頂いたあみぐるみの写真がそれまでのたくさんのあみぐるみとはちょっと違い、作るプロセスも楽しそうなので、資料をリクエストしたのだけれど、頂いた資料が思いがけず分厚いもので、たくさんコピーさせてしまい申し訳なかった。作る時間ができるのは、12月の絵の教室の作品展が終わってからかなぁ。

タリーズに寄るかどうか迷っていたら、ちょうどバスが来たのでまっすぐ帰宅。なんやかやとバタバタしたあと、しばらく前に録画したプレミアムシアター「魔弾の射手」を観る。主人公のマックスを演じるのは、ウィーン国立歌劇場から配信された作品でもおなじみのベンジャミン・ブランズ。ベルリン・コンツェルトハウスでの無観客上演で、無観客を逆手に取って客席のスペースも使った演出が秀逸。このあと別のオペラも同じプレミアムシアターの枠内で録画されているのだけれど、時間の都合で今日はここまで。

夕食の肉野菜炒めと、オペラを見ながら作ったくるみブローチ。昨日はベージュでシックなブローチにするはずがうまくいかなかったので、モノクロ風にしてみた。

f:id:maru99:20211019191009j:plain
f:id:maru99:20211019225222j:plain

 

肌寒い~

何日か前に図書館から予約した本の貸出準備ができたという連絡があり、仕事もあとは見直しだけだし、今週は外出の予定もいくつかあるからその行き帰りに読もう、と図書館へ。バッグには読み終えた「化け物心中」。途中でもう1冊「猿若町捕物帳」シリーズの第1作も返却しないと、と取りに戻り、寒かったのでパーカーの下のインナーを半袖から長袖に替えて再び出かけたものの、図書館はあいにく休館で、外のボックスに2冊を返却。着替えたのに、自転車で走る間、風が冷たくて、もう1枚羽織ってくればよかったと思うぐらいに肌寒い。

f:id:maru99:20211018144254j:plain

ガストで遅めのランチ。気候のせいか、選んだのはチゲうどん。辛味のあるスープで身体が中から温まる。大きなつみれは食べごたえがあり、から揚げ1つ無料のクーポンを使い、揚げたてアツアツのから揚げも加わり、お腹いっぱい。

食後に和訳の見直しをスタート。でもなぜかイマイチ集中できなくて、効率が悪そうなので1時間半ほどで切り上げた。

アリオに足を伸ばし、あれやこれやとちょこまか買い物をして帰宅。日が落ちて、ますます気温が下がって寒い寒い。

自宅では見直しの作業ができない悪い癖が相変わらずなので、ニャンドゥティのくるみブローチをまた1つ。ベージュの生地にゴールドに近いラメ糸を土台にし、地の色に近いベージュの糸で模様を入れてみたんだけど、全体的にぼやけてしまって大失敗。生地とラメ糸はそのままで、模様の糸をピンクに替えてみた。ベージュとゴールドでシックをめざすつもりだったのに、ずいぶんイメージとかけ離れてしまったけれど、まぁ、これはこれで (^^)

f:id:maru99:20211023224531j:plain

明日は手織教室なので、寝る前に織り機をバッグに入れようとして、10cm近くまで進んだ織地の左のほうに経糸の幅が狭く見える箇所があるのが気になった。織っている間にも気付いてはいたものの、経糸が細く密に並んでいるので、隣り合っている糸がただそう見えるだけかも、とスルーしてきた。その箇所をじっくり調べてみたら、筬の同じ溝に2本の経糸が入ってしまっているエラーが2箇所。ある溝とその3つ先の溝とごく近いところで間違えていた。あうう。この時点でもう日付が変わっていたのだけれど、明日の教室でほどいてやり直すのはちょっとねぇ…。それで結局、全部ほどいてから、筬に通した経糸を左端から溝2つ分ずらして1本ずつ正しい溝に入れ直した。間違えたのが左端に近い箇所だったのでダメージは比較的小さかったものの、ほどくのも織り直すのも時間がかかり、結局かなりの夜ふかしになってしまった。やれやれ。

 

怪我の功名

ニャンドゥティとアルパのイベントのための準備が一段落したので、次は手織。ガンクラブチェックのマフラーは、経糸の端の長さを切りそろえたあと「ねじねじキュッ」方式で房結びにしてから温度が高めのお湯で湯通しをして、陰干しをしておいた。手触りがやわらかくなり、いい感じ。

手織教室では、ようやく仕上がったバッグも見て頂くつもりでいたのに、イベントで展示してもらうために預けてきてしまったので、教室でのお披露目はイベント終了後までおあずけ。

バッグの仕上げに使わなかった市販の持ち手を活用したくて、その持ち手の色に合わせた織地を作り、もうひとつ、今度は横長のバッグを作ることにした。事前に選んでおいた白とベージュの糸は、実際に整経しようとしたら風合いが違いすぎるのが気になり、手持ちの糸から新たに選び直し、当初の予定よりやや濃い目のベージュと白の2色。こちらも素材の風合いは若干違うものの、最初の組み合わせよりは太さが合っているからどうにかなりそう。素材は多少違っていても、少しでも手持ちの糸を消費しないとね。

前回エンジ1色にしたななこ織りの応用のつもりで、それ以上なにも考えずに、白とベージュが2本ずつ交互に並ぶように整経をして、前回より糸が細いので筬は1cmに溝が6本の筬から8本の細かい筬に変更。織地の幅を最大にしたいので、筬の端から端まで使って約270本。それだけの本数を筬の溝1本1本に差し込んでいくのはなかなかに時間のかかる作業。

4枚綜絖で4本のレバーに糸を吊り下げるタイアップと呼ばれる作業も終え、いざ試し織り。… ん? この整経だと、ななこ織りにはならない??? ここで初めて参考書を開き、失敗しちゃったことに気付く。経糸は1色で、もう1色を横糸に使えばもっとシンプルな整経で、イメージどおりの2色で市松模様のななこ織りになったのに、よく考えずに経糸を2色交互にしてしまった。ううむ。

整経をイチからやり直すとなると、時間のロスもさることながら、経糸がすべて無駄になってしまう。なんとかこの経糸を生かして別の模様にできないか、本を頼りに試行錯誤の末、たどり着いたのがこの模様。

f:id:maru99:20211018002448j:plain

ベージュの糸に光沢があるので、そこはかとなく高級感も漂い、ななこ織りより良かったかも。これぞ怪我の功名?

イベントの準備

昨日ニャンドゥティのドイリーを縫い付けたオーガンジー2枚と、その前に仕上げたバッグのほか、I さんにお借りした卓上ライトと私が持っている電気スタンドその他を雨仕様のビニールバッグに詰めて国立へ。

霧雨の中、ポコアポコというカフェの前で待ち合わせ、毎月のワークショップと同じようにランチをテイクアウトしてからニャンドゥティの先生のご実家へ。

スパイシーなドライカレーでランチを済ませたあと、今月末に古民家カフェおきもとで開催されるニャンドゥティとアルパのイベントの準備。

まずは販売する商品の値段設定。私はネックレスを3点持参していて、どれも私が思っていたよりずいぶん高い値段を提案され、恐れ多い気がして中間ぐらいの値段に決定。

オーガンジーのほうは、もう少ししっかり縫い付けたほうがいいとのことで、その場でチクチクと縫い直し。また当日、会場で長さを調整しやすいように、上部を折り返してざっくりと縫う。

当日のワークショップで私もしずく型のモチーフの作り方を説明することになっているので、当日までにいくつか作っておさらいしておかないと。

他にもあれこれ打ち合わせをして、イベント前日の搬入などの作業については、私は遠いからと免除して頂き、あとはもう当日に伺うだけ。当日はあまり早くから作業ができないそうなので、私が着く頃には会場のレイアウトがほぼ終わっているはず。楽しみだなぁ。

国立に戻ってアルパのレッスン。難易度の高い曲で、まだおさらいが続いている。次回なんとかクリアしたい。

帰りに御茶ノ水成城石井により、ピスタチオのペーストがあったので迷わず購入。ネットで見つけたレシピに必要で、ぜひほしかった一品。

帰宅後にもうひとつ、くるみブローチを仕上げた。

f:id:maru99:20211018123942j:plain

どういうわけかブルー系のものが多くなっているので、他の色も作らないと。



 

 

一段落

朝夕はだいぶ涼しくなってきて、汗が出るかどうか心配しながら酵素風呂へ。幸い晴れて自転車で行くことができたので、プチサイクリングの効果か発汗良好。もっと寒くなってくるとこうはいかないだろうなぁ。

酵素風呂の店舗の近くにあるサイゼリヤではなく、自宅に近いほうのサイゼリヤでブランチ。入り口に10時半から21時まで営業中と貼紙がしてあったんだけど、11時開店じゃなかった? ネットでは今も11時開店ということになっている。今まで11時を待って来店することが多かったから、他の店舗も要チェック。

「きのことパンチェッタのボスカイオーラ」(ボスカイオーラ=木こり風)というネーミングのパスタとミネストローネの組み合わせは彩りも秋らしい。

食後に図書館で借りた「化け物心中」を読み終えたので、次は「猿若町捕物帳」シリーズの続きを読もうとスマホで図書館に予約を入れる。

f:id:maru99:20211015112419j:plain
f:id:maru99:20211018114048j:plain

明日、今月末のニャンドゥティとアルパのイベントの準備のために集まることになっているので、オーガンジーの布2枚にこれまでに作ったニャンドゥティのドイリーを冷暗として縫い付ける作業をしてみた。先生のサンプルは、大きな丸いドイリーの周囲に小さなドイリーを配したレイアウトがとても素敵だったのだけれど、私は小さいドイリーをほとんど作っていないので、ただポンポンと並べるしかできなくて、平凡なレイアウトにならざるを得ない。白いドイリーに白い縫い糸で、風に揺れたほうがキレイかな、と真上とあと上部2箇所ぐらいだけ縫い止め、糸端を短くカット。ひととおり終えてオーガンジーを持ち上げたら、ドイリーの重さに引っ張られたのか、何箇所か糸がほどけてしまった。糸端を長く残しておけば大丈夫のはず、とやり直し。

前回のワークショップで受け取ってきたオーガンジーをバッグに入れたままでたので、折りじわがついてしまっている。持って行く際にもまたたたまないといけないから、イベント当日にスチームアイロンをかけたほうがいいかしらん。

他にも明日持っていくべきものをバッグに詰め、支度が終わったところでようやく仕事。4時間弱の作業で、最後まで訳し終えた。これで一段落。思ったより早く終わり、納期までにたっぷり余裕があるので、ひと安心。

仕事のBGMには、一昨日のゲレンさんの OTTAVA Andante松田美緒さんがゲスト出演していた部分をオンデマンドで。トークイベントでは、林田さんが OTTAVA のプレゼンターであることにもふれず、前日のゲレンさんの番組に出ていたことも話題にならず、ネットで知った次第。松田美緒さんとゲレンさんも旧知のようだから、林田さんをまじえて3人のトークも聴いてみたい!