まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

ぐるりと一周

ニャンドゥティの次のワークショップは18日の土曜日で、それまでに今のモチーフが終わるかどうか。終わったとしても、次の木枠の準備ができていないとワークショップですることがなくなってしまうので、ますますビミョーなところ。とはいえ今はひとまずモチーフを進めることを優先。録画の消化をしながらチクチク。

夜には、JCOM経由で日本映画専門チャンネルの「湯を沸かすほどの熱い愛」を観る。母の愛がテーマの作品は観ていて辛くなることが多いので敬遠しがちなんだけど、不思議なタイトルに惹かれて観始めた。タイトルは銭湯につながるのね。そう思いながら観ていて、最後にドッヒャーン。それは、ありなの? と混乱しつつネットで調べてみたら、火葬許可証の交付を受ければ個人でも火葬できるのね。とはいえ火葬場を利用せずに火葬できるなんて銭湯ならではだろうけども。やっぱり観ていて辛くはなったけど、ひとりひとりの演技がとてもナチュラルで、疑問の残るラストはともかく、全体的には好きな作品。そしてオダギリジョーは喪服姿もかっこいい! 杉咲花松坂桃李駿河太郎篠原ゆき子、りりィ他。

チャンネルをそのままにしていたら、懐かしい「古畑任三郎」の第3シリーズが2話連続。1999年放送で、ゲストは最初が津川雅彦で、2つめは市村正親田村正和ってモノマネがデフォルメしすぎで、本人はただシンプルにかっこいい。そしてみんな若ーい。

観ながらチクチクを進め、迷った末にカラフル路線を捨て、地味な配色で周囲のテープをぐるりと一周。悪くないと思うんだけど、どうかしらねぇ。

f:id:maru99:20200715003315j:plain

お風呂でテレビをつけたら「深夜食堂」にオダギリジョーとりりィが。映画とシンクロしちゃったみたい。

ライブビューイング

f:id:maru99:20200713114930j:plain

無事に仕事が片付いたので、心置きなく東劇へ。でもその前に、ベックスでシンガポールラクサ風スープの30品目プレート。スープが結構ピリ辛なのに、サラダのドレッシングも辛め。でも最後にマンゴーのデザートで中和してくれる。

メトロポリタン・オペラのライブビューイング。「ポーギーとベス」に続くワーグナーの「さまよえるオランダ人」はシーズン8作め。ライブビューイングの収録を予定していた公演が感染防止のために中止となってしまったため、その直前の公演ということでインタビューの映像はなく、幕間もなしの約2時間半。

ワレリー・ゲルギエフ指揮、フランソワ・ジラールの演出で、タイトルロールの無名のオランダ人を演じるエフゲニー・ニキーティンは、ウィーン国立歌劇場フィデリオ」のピツァロ役だったので覚えていた。神罰で海を彷徨い、7年に一度だけ上陸を許され、彼に永遠の真心を捧げる女性と出会うことでのみ呪いが解かれる。その運命の女性ゼンタをMETデビューのアニヤ・カンペ、彼女を愛するエリックをセルゲイ・スコロホドフ、彼女の父親である船長をフランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ、彼女の乳母マリーを藤村実穂子さん!

呪いが解かれることで幽霊船は沈没し、オランダ人は死ぬことを許され、ゼンタは彼と運命をともにする。彼を愛することは自らの死を意味すると分かっていながら、彼を救済することに喜びを感じる、その喜びを爆発させるカンペの表情が胸を打つ。場面転換もほとんどなく、岩盤と大きな船の模型だけのシンプルな装置ながら、背景の映像が素晴らしい。天井から何本もロープが降りてきて、それを女たちが操り手作業をしながら歌う場面で、ロープが手織の糸のように幾何学的に絡み合い、美しかった。合唱も良かったなぁ。マリーの歌声をもっと聴かせてほしかった。

今シーズンは本来あと2作品あるはずだったんだけど、残念ながら公開中止。いつかWOWOWかプレミアムシアターで放送されるかなぁ。

銀座駅の地下の木挽町広場で、「ねこ展アート&グッズフェア」を開催中。歌舞伎座の客席が猫でいっぱい。舞台上で踊る姿もかわいらしい。

f:id:maru99:20200713160641j:plain

帰りに北千住でスタバに寄り、2度めのコールドブリュー フローズンレモネードを楽しみながら、買ったのに未読のまま忘れていた宮部さんの文庫「過ぎ去りし王国の城」を読み始める。おもしろーい!

無理やり切り上げ、帰宅しようとして、最寄り駅まで着いたらやっぱり続きが気になって、コメダ珈琲で続きを読み進める。もう一気に最後まで読んじゃいそうになったけど、1日で読み終えてしまうのはもったいないような気がして、大詰めだけを残して帰宅。なんだろうね、この「もったいない」という感覚。

 

 

 

曜日の感覚

10時から、八月花形歌舞伎座の優先予約。コロナ対策で席を1つずつ空け、前後の列で互い違いに座るので、2列めでも実質的に最前列。4部制で幕間なしの完全入替えとなると、間にどこで時間をつぶすかという問題もあり、4部とも観るのはしんどそうなので、最初の「連獅子」と最後の「源氏店(切られ与三郎)」のどちらをはずすか迷い、結局、今回は舞踊だけに絞って第1部から第3部までを観ることにした。ネットでチケットを取るのも久しぶり。比較的スムーズに予約完了。

書類を持参でコメダ珈琲へ。幸いまだ冷房はそれほど効いていないけれど、身体を冷やさないように念のためホットコーヒー。さらに念を入れて用意していたスカーフを使う必要なく、2時間弱の作業で英訳の見直しが終了。

アリオに移動して遅めのランチを済ませてから、上島珈琲店で少しだけニャンドゥティを進める。自宅とワークショップ以外にこうしてカフェでチクチクするのは久しぶり。緊急事態宣言の解除後、初めてじゃないかしらん?

駐輪場で見上げた空。

f:id:maru99:20200712172758j:plain

帰宅後に英訳の修正をしてから、もとの和文にも誤字等がいくつかあったので、メールで詳しく説明し、納品。まだ日曜日だし時間も遅いから返信は明日以降だろうと思っていたのに、すぐに受領確認のメールが届き、「土・日にも作業をしてくださってありがとうございます」と。いやいや、曜日の感覚がほとんどない生活をしていますからー。

ひと区切り

図書館で借りた宮部さんの本をもう読み終えているのに、返却に行くタイミングを逃しているうち、今日が期限。人気の本でまだたくさん予約した人が待っているのに申し訳なかった。返却を済ませてから、ヨガスタジオへ。美律ホルモンヨガ。

自粛期間中いつも以上に運動不足だったので、普段は自転車で行く場所へも歩くようにしていたのを今も限定的に続けていて、ヨガスタジオへも徒歩で。レッスン後に10分ヨガがあっても、駐輪場の時間制限を気にすることなく参加できるメリットがある。今日の10分ヨガではタオルを使い、両手でタオルの端を持ち、そのタオルをピンと張った状態のままで両腕を回すストレッチ。これがとっても気持ちよかった。自宅でもできるし肩こりに効きそう。

帰宅後テレビをつけようとしたら、リモコンが反応しない。電池切れかと思い交換してみたけどダメ。電源すら入らない。もう十年以上使っているからなぁ。ビデオのリモコンにも「テレビ操作」というボタンがあるものの、BSと地デジの切替方法が分からない。うーむ。

同じ型のマルチリモコンをネットで探してみると、アマゾンで1万円。オークションサイトには数千円で出ているけど、あまり気が進まない。メーカーのサポート情報をチェックしても、古い機種だからか該当する情報がなかなかヒットしなくて諦めかけたとき、電池をはずし、電源ボタンを3秒以上押し続け、そのあと電池を入れ直すと症状が改善されることがあると。これを試してみたら、うそのように直ってしまった。ビックリ。

英訳の続き。昨日かなり頑張ったので、今日は2時間半ほどの作業で最後まで訳し終えた。明日中に見直しと修正をして納品するつもり。

というわけで、残りの時間は林田さんの OTTAVA Salone をオンデマンドで聴き、そのあと録画の消化をしながらチクチク。周囲のテープの部分も5つの丸いモチーフと同じ色使いにすると、前回のモチーフと似通ってしまいつまらないので、土台の青に合うライトブルー、ライトパープル、シルバーの組み合わせにしてみた。

f:id:maru99:20200712102404j:plain

どうかなぁ。印象がガラリと変わってしまうから、このままいくか、カラフル路線に戻すか、ここでの決断が大事。迷うー。

いつもの金曜日

朝イチで酵素風呂。今月から、米ぬかの温度が一番高い最初の時間帯は週2回以上通う人と症状が重い人の優先枠となり、条件を満たさない私は原則2回めの9時半以降、8時45分からの1回めが空いているときには連絡をくれるという形になり、昨日その連絡が来たので今日は1回めの時間帯。ズボッと踏み入れた足を動かすだけで温度がさらに上がり、仰向けに横たわったあとモゾモゾと動くともうアッチッチ。身体の上に米ぬかをのせてもらう前からもう気持ちがいい。たっぷりのせてもらった米ぬかの重みも心地よく、太ももの冷えもなく、いい感じで発汗。

帰りにタリーズに寄り、いつもは身体を冷やさないようにホットのソイラテかブレンドを選ぶんだけど、今日は今季初のスイカスクイーズの誘惑に負けてしまった。やさしい甘み。

f:id:maru99:20200716124956j:plain

持参した週刊文春WOMANのページをめくる。香取慎吾くんが描く表紙に惹かれてつい買ってしまう。

サイゼリヤでランチ。前回ちょっと注文しすぎてしまったので、温野菜のサラダをはずし、ミネストローネと辛味チキンとプチフォッカ。この3つが今のメニューの黄金トリオ。

帰宅後、仕事をスタートする前に、となんの気なしにマッサージチェアで15分だけ…のつもりが、気持ちが良すぎたのか寝入ってしまい、30分近く経過。いかんいかん。

気持ちを引き締め、英訳をスタート。夕食や休憩をはさんで日付が変わる直前まで。週末に仕上がるめどが立った。よしよし。

クスノキの絵

まだテレワーク中のクライアントから朝イチでメールが届き、昨日は出勤したが、私からの請求書がまだ届いていないようだと。それもそのはず、昨日ようやく投函したばかり。つい請求事務が遅れがちなのは悪いクセ。

その連絡とは別に、新しい案件の打診があった。通常のワードの書類ではなく、図形などが多いパワーポイントのファイルで、英訳の作業以外に図形に合わせて調整するための時間が必要になると返信すると、最終的に各ページをプロがデジタル化するので、項目別に英訳してくれれば調整の必要はなく、ワードでの作業で構わないと。それは助かるわー。

予算に上限があると言われて悩んだ末に、大型案件でお世話になっているクライアントなので、特別に、オーバーしても予算内で対応するとこちらから申し出た。いつもそうだと困っちゃうけど。

受注が決まったところでメールのやりとりは終了。慌ただしく支度をしてヨガスタジオへ。

再開後、強度の低いプログラムばかり選んでいて、今日も軽めのリラックスヨガ。はじめましてのインストラクターの名前が男性っぽくて、男性のインストラクターが担当するクラスもごくまれにあるようなのでちょっとビビっていたのだけれど、幸い女性だった。珍しいお名前。

気持ちよくストレッチをして、帰りに雨が降り出したので、新しい折りたたみ傘「アンヌレラ」を初めて使ってみた。撥水力が高く、一振りすれば雨粒が飛び、手を濡らさずたためるというのがウリで、半信半疑だったんだけど、本当だった。雨の中をさしてきたのに、一振りしただけで、まるでまだ未使用のよう。乾かすために開いて置いておく必要はないんじゃないかと思うぐらい(念のため乾かして置いたけど)。すごーい。これなら駅までさして行ってバッグに入れても、他の荷物が濡れてしまう心配がなさそう。

パワーポイントのファイルを印刷し、各ページの項目ごとに番号を手書き。これをプリンターでスキャンしてPDFファイルにし、手書きした番号順にワードで英訳を作成すれば、両方を参照しながらデジタル化してもらえるはず。

同じ項目が何度か出てくる場合もあったりするので調整しながら、全ページのナンバリングを終え、最初のページの英訳が終わったところで今日は終了。

今日は写真がないから、昨日完成したクスノキの絵をアップしちゃおう。実物とちょっと色合いが違うけど、こんな感じ。

f:id:maru99:20200708193257j:plain

 

絵の教室

昨日は手織で今日は絵と教室が続く。早めに家を出て、どこかでゆっくり…と考えていたのが1通のメールで予定変更。急ぎの仕事が飛び込んできた。英訳でも和訳でもなく、英文で作成した書類をチェックする作業。すぐにスタートし、修正を重ねて変更履歴がたくさんついているのを一度すべて反映させ、ハイライトも消してクリーンコピーにしてから、修正が必要な箇所に変更履歴をつけ、説明が必要な場合は和文で書き込んでいく。約2時間半の作業でひととおり終わり、どうにかランチの時間を確保できた。

f:id:maru99:20200708144336j:plain

シャトレーゼで予約しておいた「ぶどう餅」を受け取りに行ってから、ベックスのシンガポールラクサ風スープとローストチキンのランチプレート。家から駅までは曇り空、山手線で移動する間に雨が降り始め、そのうち本降りに変わっていたのに、西武池袋線に乗り換えて大泉学園に着く頃にはカラリと晴れ、途端に強い陽射しがサンサンと。変な天気。

クスノキの絵の大詰め。全体にオイルを伸ばしてから、まず透明な油絵の具で葉の陰影をさらに加え、先生が作ってくださるテンペラの顔料を混色し、空の部分や、葉の目立たせたい部分、紅葉している部分などにそれぞれの色を細い筆で慎重に描き込んでいく。枝はこれまで2本の幹と太い枝だけだったので、毛細血管のように広がる細い枝を透明な油絵の具で適度に描き込み、全体のディテールを微調整。もう長いことサインはイニシャルのひと文字だけと決めていて、先生のアイデアで幹の根本近くに削って傷をつけたかのようにサインを入れ、めでたく完成! わーい ♪

民族衣装を着込んだ男性の絵が大きめのキャンバスに下描きまででストップしているのだけれど、次回以降、自宅で描いていたのに中断している2枚を先に進めようと思い、先生にもご了解を頂いた。その両方を仕上げてから、男性の絵をじっくり描くつもり。

ティータイムには、ぶどう餅のほか、I さんからも到来物のスイーツを頂き、教室の終了後には I さんと2人で駅前に新しくできたステーキのお店「あさくま」へ。2人ともステーキじゃなくハンバーグを注文。美味しかったー。写真を撮り忘れたのがとっても残念。

帰宅後、メトロポリタン・オペラからの配信で、1988年の「イル・トロヴァトーレ」を観る。ルチアーノ・パヴァロッティのマンリーコにエヴァ・マルトンのレオノーラ、シェリル・ミリンズのルーナ伯爵、マンリーコの育ての母アズチェーナはドローラ・ザジック。何がすごいって、当時パヴァロッティ53歳、ザジック36歳なのに母と息子で違和感がないだけでなく、私がMETのライブビューイングでこれまでに観た「イル・トロヴァトーレ」の2回ともアズチェーナはザジック! 40年近くずっとこの役を歌っているのねぇ。まさにはまり役。