まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

歌舞伎座

四月大歌舞伎も3部制で、迷った末に2部をパスすることにしたので、空き時間には映画でも見ようかといろいろ調べたんだけど、近くで上映している映画はどうもタイミングが合わない。じゃあどうしようかと思っていたところへ新しい案件が入ったので、ページ数が少ない書類から和訳を進めることで、空き時間はその見直しにあてることにした。我ながらいい思いつき。

第一部の幕開けは「猿翁十種」に数えられる舞踊劇「小鍛冶」。刀鍛冶の宗近を中車、宗近に剣の献上を命じる勅使を左團次さん。宗近の祈りに応じて現れ、宗近とともに鎚を振るう稲荷明神を猿之助童子の姿をした猿之助の踊りがキレッキレ。響き合う鎚の音も耳に心地よかった。

勧進帳」は、白鸚の弁慶に幸四郎の富樫のAプロと、幸四郎の弁慶に松也の富樫のBプロがあり、私が選んだのはBプロのほう。白鸚の弁慶は何度も観ているから、若い二人に期待してみた。その他の配役は共通で、雀右衛門義経に友右衛門、高麗蔵、廣太郎、錦吾の四天王、高麗五郎、又之助、吉兵衛の番卒。幸四郎は前にも弁慶を演じているけれど、松也の富樫は初役で、とても新鮮。

第三部の開場まで約4時間あるので、ナイルレストランで食事をしてから訳文の見直しをするつもりでいたのに、ナイルが外に7~8人も並んでいたので断念。歌舞伎座地下の木挽町広場に戻り、タリーズで先に訳文の見直し。そのあとナイルでムルギーランチ。食後に再び木挽町広場へ。舞台写真を選ぼうとしたら、なんと今月から通販のみ。当然ながら送料がかかる。歌舞伎座に来なくても買えるということで一定の需要はあるのかもしれないけど、なんだかなぁ。

木挽町広場に飾られていた鎧兜と、その後ろに並んでいた「くまどり丑」。

f:id:maru99:20210415170311j:plain
f:id:maru99:20210415170328j:plain

第三部は「桜姫東文章」上の巻。やっぱりこの作品は仁玉コンビが鉄板。仁左衛門の清玄/権助玉三郎の白菊丸/桜姫。歌六の残月と吉弥の長浦もいいコンビだったなぁ。早く続きが観たいのに、下の巻は6月までおあずけ。

21時半すぎに帰宅し、ひと息ついてから英文和訳の続きを1時間半ほど。明日は早起きしないといけないので、無理は禁物。

3連チャン

新しい案件を受注する前に今日もホットヨガの予約を入れていて、夕べの天気予報によると「明日はバケツを引っくり返したような大雨」。そんな悪天候の中を無理してヨガに行かなくても、と予約をキャンセル。ところが今朝、起きてまず窓の外をチェックしたら、たしかに雨は降っているものの、まだまだ小雨。これなら問題なさそう、と予約を入れ直し、10時半からヨガビギナーのクラス。以前は苦手なクラスのひとつだったんだけど、最近は大丈夫。これで今週はヨガ3連チャン。

雨の中でうつむきがちに咲いていたこの花。グーグルレンズによるとボタンの一種だそうな。ボタンにしては小ぶりな気もしないでもないけども。

f:id:maru99:20210414095533j:plain

帰宅後は英文和訳の続きに専念。3つめのファイルも3ページと短く、これを順調に訳し終えたあと、9ページの書類に進もうとして、念のため該当する会社のホームページで情報収集をしようとしたら、なんとその英文そのものの和訳文が掲載されているのを見つけてしまった。ごくたまにあるのよね。クライアントにメールで連絡し、5つめの一番長い書類にとりかかる。これはさすがにまだまだ時間がかかりそう。

新しい案件

昨日に続き、今日もホットヨガに行こうと準備をしているところへ、とあるクライアントから見積り依頼。去年は1度も依頼がなかったお久しぶりのクライアント。5つのファイルからなるパッケージの英文和訳で、ページ数もそれなりに多く、全部で70時間前後かなぁ、と見積もりの返信をすると、すぐにゴーサインが出た。今月中に仕上げてほしいとのこと。納期が同じだったその前の案件が早く終わって良かった。

肩こり改善ヨガでストレッチ。帰宅後すぐにシャカシャカと歯磨きをして、月1回の歯科健診。少し前に右上の奥の歯肉がぷっくり腫れていたのだけれど、マッサージを続けているうち、おさまった。それを伝えると、念のためレントゲンを撮りましょうと。歯科でのレントゲンはとても久しぶり。その結果、歯の根っこが割れてしまっているため、治療としてはもう抜くしかないため、なんとかギリギリまで今のまま、だましだまし使っていくほうがいいとのこと。また腫れたときに備えて抗生物質と、万が一、痛みも出たとき用に痛み止めも処方してくれた。どっちも服用しないで済みますように。

帰り道のなにげない風景。重なり合う緑がいい感じだったから。

f:id:maru99:20210409132146j:plain

帰宅後、新しい案件の英文和訳をスタート。5つのファイルは内容がそれぞれ独立しているので、単にページ数で短いほうから始めることにして、2ページのファイルと3ページのファイルを訳し終えた。初日としては、まあまぁかな。

しばらく手芸はおあずけかなぁ。

仕事明け

午前中にヨガフローリラックス。フローというのは音楽に合わせてポーズを取るクラスで、他にもいろんなフローのクラスがあるうち、リラックスはごく軽め。過去の日記を遡ってみたら、これまでに3回参加したことがあるのに、3回ともその都度「初めて参加」と書いてあった。フローに対して苦手意識があったせいかなぁ。音楽に合わせるような余裕はないけど、気持ちよくストレッチができたからいいか。

一度帰宅してから、買い物ついでにコメダ珈琲でくつろぎタイム。図書館で借りた天童荒太「孤独の歌声」の続きを読むつもりだったのに、ストレッチによるリラックス効果のせいか睡魔が…。さんざん抗い、どうにか眠気が晴れた頃には店内が混んできたので撤退。アリオに足を伸ばして上島珈琲店で続きを読もうかなぁ、とも思ったけれど、外は思ったより肌寒く、日が落ちるとさらに冷え込みそうなので、そのまま帰宅。

帰り道で見かけたカラーの花が美しかった。

f:id:maru99:20210409132243j:plain

夜には、ケーブルテレビの2つのチャンネルで異なるシリーズを途切れ途切れに見ていた NCIS のシーズン1をアマゾンプライムで見ながら手織りを進める。10日ぐらいかかった案件が片付いて、ここからはまた手芸を楽しめるかな。

納 品

10時を待って5月歌舞伎座の予約。5月なのに團菊祭じゃないのが寂しいけれど、先月と違いアクセス集中でトップに戻されるループにつかまることなく、スムーズに予約完了。よしよし。

和訳文の見直しの残り半分は自宅で進めることにして、赤ペン片手に、ボストンのクラシックチャンネルCRBのストリーミングをBGMに作業に専念。翻訳の作業はパソコンの大きなモニターに英文と和文の両方を表示させて見比べながら行うので、背筋をピンと伸ばした状態でいられるのだけれど、見直しはどうもハードコピーじゃないと誤字脱字を見落としてしまいがち。となると自宅にせよカフェにせよ、机の上に英文と和文の書類を並べての作業になり、ずっと下を向いているので首から肩の辺りが凝り固まってしまう。どうにかならないかしらねぇ。

室温は20度を超えているのに足元が冷えるので、室温計を机の下に移動してみたら、2度近く差があった。エアコンを入れていない状態でも、場所によって室温がこんなに違うのねぇ。

まる子/サザエさんを見ながら夕食。生協のバジルチキンのキャベツとニンジンを加えた肉野菜炒め。チキンがやわらかくて美味しかった。

f:id:maru99:20210411131547j:plain

その後2時間ほどの作業で見直しがひととおり終わり、さらに2時間かけて修正も完了。日曜日の遅い時間なので、明日の始業時間に送信予約を設定。

できれば今月中、5月の連休明けでも大丈夫、と言われた案件を4月の上旬に納品できたのは上出来。

見直し

毎年3月に OTTAVA仙台フィルの復興コンサートに行っていたのを今年は配信で見るだけにした分、7月にサントリーホール仙台フィルのコンサートがあるので、今日発売のそのチケットを10時の発売後にすぐゲット。

夕べひととおり終えた英文和訳の見直しをコメダ珈琲でスタート。3時間ほどで集中力が途切れたところで、店内も混んできたことだし、と撤退。上島珈琲店にはしごすることも考えたけど、そこでまたあと数時間粘ったとしても終わりそうにないので、これだけページ数が多いときには自宅でやることも考えないと、と買い物を済ませて帰宅。

途中の公園近くで川を覗き込んでいる人が多かったので自転車を停めてみると、川に亀がいっぱい。そして帰宅後、今日のおやつはムーミンパパ。

f:id:maru99:20210409131955j:plain
f:id:maru99:20210409170842j:plain

見直しの続き。和訳をする際に語句の意味をさんざんネットで調べたはずなのに、見直しの際にまた調べ直したくなることが多々あり、そういう場合、カフェではスマホで調べざるを得ないところを自宅ではパソコンでスイスイ。その点、自宅で見直しをしたほうが効率がいいのに、カフェのほうが集中できるのはなぜかなぁ。でも今日は、こんなにページ数が多いんだから、とある意味、腹をくくって始めたせいか、自宅でもいつもより集中できたような気がする。

それでも、さらに3時間ちょっと進めたところで集中力がプッツン。ほぼ半分ぐらいまで終わったから、今日はここまで。

続きはまた明日!

英文和訳、ひととおり

朝イチで酵素風呂。一番早い時間が空いたからどうぞ、と昨日連絡をもらい、いつもより早い8時45分からの回。米ぬかの温度が高く、いつも以上に汗がよく出て気持ちよかった。小豆入りの琥珀糖がまだ残っていたので、甘いもの好きのスタッフさんにおすそ分け。

終了後タリーズでソイラテを楽しみながら、昨日は眠気に負けて読めなかった天童荒太「孤独の歌声」を読み、時間を見計らってサイゼリヤへ。今日のメニューは、ガーデンサラダとラムのステーキ。ガーデンサラダにはオリーブオイルと粉チーズをたっぷり追加。ラムのステーキは、前回より小ぶりだけどその分、肉厚で、焼き加減も前回よりレアでジューシー。今回のほうがさらに美味しかった。

f:id:maru99:20210409112546j:plain
f:id:maru99:20210409112939j:plain

食後も読書の続き。犯罪シーンが出てきたところで既視感があり、CSI やクリミナル・マインドにも出てきそうなシーンだからそのせいかな、とも思ったけど、さらに読み進むうちやはり気になり、自分の日記を検索して調べたら、2004年に読んでいた。オーマイガーッ。でもまぁ、既視感だけで結末や詳細まで覚えているわけじゃないから、このまま読むつもり。(借りる前に調べるべきよね。)

帰宅後は仕事モードに切り替え、英文和訳を進める。BGMは斎藤さんの OTTAVA Andante。でも途中で自然音が流れ、その間は離れざるを得なかった。自然音の時間帯が14時間もあるんだから、4時間の帯番組の中でまで流さないでほしいというのが本音なんだけど、大多数のリスナーは自然音が大好きみたいだからねぇ。その14時間は最初から聴かずにいればいいけど、いきなり流れると、自然音と耳鳴りの音が似ているせいか連想して耳鳴りを意識してしまい、そうなるともうダメ。せっかくそれまで耳鳴りを意識せずにいられても、逃れられなくなってしまう。逆に自然音その他の小さな音を流し続けることで耳を慣らしていくという音響療法もあるようなんだけど、私には向いていないのよねぇ。つらいだけ。

しばらく経ってから Andante に戻り、番組終了後はボストンのクラシックチャンネルCRBに切り替え、和訳を続ける。昨日サボった分、今日はかなり頑張り、最後まで訳し終えた。でも特に後半、ネットで検索しても用例がほとんどヒットしないような独特すぎる表現が多かったから、見直しの際にも苦労しそう。