まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

ゴールイン!

朝から雨だけど、土・日は仕事でキーボードを叩きっぱなしだったから、いつも以上に身体がガチガチなので、10時からと早い時間にホットヨガの予約を入れてみた。美律ホルモンヨガは好きなクラスのひとつだけれど、再開後初めてだから、かなり久しぶり。

男性は1人だけで全部で10人だったから、ゆったり。スタッフの人数も制限しているのか、インストラクターさんが受付もやらされていて、ちょっと気の毒。気持ちよくストレッチをして、身体がだいぶほぐれた気がする。

梅雨寒なのか気温がグッと下がり、普段は運動したあと帰り道にも汗がなかなか引かないほどなのに、インナー代わりの半袖Tシャツの上に厚手の長袖パーカーを着込んでちょうどいいぐらい。 

f:id:maru99:20200622114900j:plain

 今日はウィーン国立歌劇場の配信が去年5月に視聴済みの「マクベス」で、他の公演も配信されているけれど明日でも視聴期限に間に合うので、オペラを封印して仕事に専念。途中で急に甘いものがほしくなり、おやつに「すいかのくずきり」。ゼリーと違い、細長くカットされているのをちゅるちゅると。種に見立てた黒いのはタピオカ。甘すぎず、量もほどよく、満足 ♪

最初からずっと独特な言葉遣いに悩まされているのだけれど、たとえば「数が多い」ことを意味するのに、many のような単語1つでその意味になるものと、a lot of のようなイディオムと、どちらも無数にある。それをこの人、まるで一度使ったものは二度と使わないと決めているかのようで、同じ意味の言葉が次々に出てきて、そうなると長年この仕事をしていても目にしたことがないようなレアな語句も少なくない。できれば和文も同じように類義語を駆使して訳し分けたいところだけれど、文学作品じゃないからねぇ。そんなふうに凝るために時間をかけるのはクライアントにとっては迷惑だし、一番大事なのは意味を正確に伝えること。ところが、その意味がどうにも把握できないフレーズもいくつかあって、辞書系のサイトにはヒントすらなく、ネットの用例からの類推も難しい。そんなこんなで大苦戦しながら、どうにかこうにか最後まで終わったー! 見直しにも相当時間がかかりそうだけど、ひとまずゴールイン。ふぅ~。