まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

手織教室

豪雨の被害が心配な中、東京は朝方の雨が昼頃にはほぼやんだ。ランチはどうしようかなぁ、と迷い、とっても久しぶりにモスバーガーに行ってみた。グリーンバーグというのが気になっていたものだから。ほうれん草ピューレを練り込んだペールグリーンのバンズに大豆のパティ、グリーンリーフに細切りレタス、トマトのスライスにトマトソース。ヘルシーなのに味もしっかりしていて、食べごたえも十分。クラムチャウダーと一緒に。

再開後2回めの手織教室。念のため全員マスク着用のままだけど、こんなふうに集まることができるようになってよかった。まだ織り始めたばかりのスウェディッシュレース織りを見て頂くだけでなく、「手織りの組織図事典」に掲載されているカラフルなマフラーの写真と、そのもとになっている組織図のページをコピーし、組織図には色の指定がないので、経糸や横糸をどう工夫すればこんなカラフルな配色にできるのかを先生に質問。詳しく説明して頂いた。さらに、手持ちの糸の中から、シルクでブルー系のグラデーションと同じ種類で真っ白の2つのかせを持参し、この組み合わせを活かすにはどんな織り方がいいか、1かせずつしかないので、マフラーにするとしたら経糸の長さと本数はどのぐらいにすればいいかをご相談。これで当分、次は何を織ろうかと迷わずに済みそう。

織り機が重いのに図書館で借りた本も持参していた。最後の第4話は本のサブタイトルにもなっている「黒岳御神火御殿」。一番長い物語で、手織教室のあとタリーズでしばし読み耽る。時間を忘れて読み進むうちにお腹が空いてきたので、サイゼリヤに移動して早めの夕食。ミネストローネにアスパラの温たまサラダ、辛味チキンにプチフォッカ。ちょっと注文しすぎちゃった。食べ終えてから再び読み始め、時々ぐっとこみ上げてくるのを抑えながら物語の世界にどっぷりはまるうち、時間がどんどん経っていく。もう少し読むと1行あいていてキリがいいからそこまで、と思っても、その最後の1行がどうにも先を読みたくなるように仕掛けられているのよねぇ。それで結局、最後まで読んでしまった。凄い話だったー。宮部さーん。

そんなわけで予定より大幅に遅れて帰宅。やれやれ。

f:id:maru99:20200707115439j:plain
f:id:maru99:20200707174420j:plain