まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

がっつりランチ

じりじりと焼けつくような暑さの中を図書館へ。1階のロビーに設置されているワクチン接種のサポート窓口が大忙しの様子。読み終えた近藤史恵「散りしかたみに」を返却し、予約しておいた同じ著者の「桜姫」と「二人道成寺」を借りる。どちらも文庫本。松井今朝子からスタートした歌舞伎絡みの小説特集がまだ継続中。

いきなりステーキから先月配布された2か月有効の誕生日クーポンの期限が今月末なので、切れないうちに、と久しぶりにがっつりランチ。以前は誕生月に好きなメニューをどれでもひとつ選べるシステムだったのが500円クーポンに変わってしまったのは残念だけど、むしろ以前が大盤振る舞いすぎて経営不振につながってしまったようだから、特典が少なくなってもお店が続いてくれるほうがいい。また、以前はサラダバーのある店で山盛りのサラダを食べたあとでも300gのステーキを完食できたのに、年齢のせいもあるのか最近は食べ切れなくなってきたので、今日はサラダをパスし、ステーキとチキンの両方を楽しめるテンダーコンボとスープにしてみた。

f:id:maru99:20210729115242j:plain

それでも最後はかなりペースを落としてどうにか、という感じだったけれど、美味しかったー。

満腹の状態でコメダ珈琲へ。早速、借りてきた2冊の出版年を見比べ、早いほうの「桜姫」から読み始める。どちらも「散りしかたみに」に続く今泉・小菊シリーズだから、順番に読まないとね。

冒頭から興味をそそられ、期待をふくらませつつ読み進む。テニスの試合のスタート時間に合わせ、ちょこっと買い物を済ませて帰宅。

圭くんの準々決勝戦の相手はジョコビッチ。特定の選手にだけずっと勝てないというのはプレースタイルの相性なのかしらん。圭くん、ここまでずっと好調だったのに、連敗記録を伸ばしてしまった。ジョコビッチが憎らしく見えてくるー。

そのあとはもうオリンピックから離れてNCISのシーズン14を第1話から。前のシーズンでチームの主軸だったトニーが去ってしまい、その終盤に登場していた男女2人が新たな捜査官としてチームに参加。8話まで一気に見たけど、まだ以前のような鉄壁のチームワークというわけにはいかず、まだなんとなくしっくりこない。

お風呂上がりに「イグアナの娘」最終回。原作のコミックスはごく短くシンプルだったのに、登場人物を増やし、そのそれぞれの心理を深く掘り下げ、ここまで奥行きのあるドラマに仕上げた岡田惠和さんの脚本に脱帽。