まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

人手の多い日曜日

10時から加藤健一事務所の公演のチケット予約がスタートするので9時半にアラームをセットしておいた。でも8時前に目が覚めてしまい、起きちゃうかぁ、と窓を開け、トイレにも行き、そのままリビングへ行けばいいのになぜかベッドに逆戻り。ちょっと横になるだけのつもりがあっという間に寝入ってしまい、気がつけば3時間近く経過。とっくに予約が始まってるしー。まぁ、歌舞伎座等の予約と違い席は選べないし、発売後すぐに完売になるおそれもほぼないので、どのあたりの席になるかはともかく、取れないことはないんだけども、どうして二度寝しちゃうかなぁ。

気を取り直して図書館へ。松井今朝子「芙蓉の干城」を返却し、予約しておいた近藤史恵「ねむれねずみ」に加え、在架の図書の中から同じ作者の「胡蝶殺し」を借りる。3冊とも歌舞伎絡み。

コメダ珈琲に直行して早速「ねむりねずみ」を読み始める。松井今朝子さんのシリーズは江戸から昭和初期にかけての物語だったのに対し、こちらは現代が舞台なので、登場人物たちが身近に感じられる。面白そう。

f:id:maru99:20210718163231j:plain

日曜日の午後だけに店内が混んできたので撤退し、アリオに移動。こちらも緊急事態宣言はどこへやらの混雑ぶりではあったけれど、幸い上島珈琲店で席を確保することができ、お試しクーポンを使い「ビニャコラーダのグラニータ」。冷房がそれほど強くないときにしか注文できないドリンクのひとつ。ビニャコラーダはスペイン語で裏ごししたパイナップルという意味だそうで、パイナップルジュースとココナッツミルクを使うラムベースのカクテルの名前でもあるそうな。でもグラニータはシチリア発祥の氷菓なのよね。フランス語ならグラニテ。なんかもうまぜこぜのネーミング。パイナップルはドライフルーツで、ローズマリーがほのかに香る。

ここでも読書の続きをしてから、カルディであれこれ買い物をして帰宅。ひと息ついたところで、BS12で「夏目友人帳」劇場版「うつせみに結ぶ」を見る。大好きなコミックスのアニメ化で、原作のイメージそのままのやさしい世界。

そのあとNCISシーズン11の最終話まで。新シリーズの放送前にキャッチアップするのは難しそう。