まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

読後のもやもや

朝イチで酵素風呂。先週、先々週と雨でバスだったから、自転車で行くのは久しぶり。走っている間は風を感じるからいいんだけど、信号待ちのわずかな間にも陽射しがジリジリ。着いてドアを開けたらモヤッとした熱気。なんとエアコンが故障してしまったそうで、スタッフさん、すでに汗だく。そんな状況だったので、浴槽に入る前から肌にじんわり汗。普段は受付から脱衣所の間に一度エアコンで汗が引っ込んでからまた汗が出始めるまで数分かかるのに、ずっとかいていた汗が一層吹き出してくるという感じ。ただ、酵素浴が終わりシャワーで汗を流したあとのパウダールームも暑くて汗が引かず、ドライヤーがつらくて、ショートだからいつもはそれほど時間がかからないのに、ドライヤーの熱でなお汗が出てきてしまうので途中で断念。また来週、とご挨拶をして外に出たら、外気温のほうが涼しく感じた。ふぅ~。

とにかく一度、汗をなんとかしないと、というわけでタリーズでスイカスクイーズ。しばらくの間はタオルで汗を拭きながら、ほとんど飲み終わる頃にようやく汗が引いた。

再び暑い炎天下で自転車を漕ぎ、自宅に近いほうのサイゼリヤへ。普段なら必ず温かいメニューを選ぶのだけれど、今日はさすがに、夏の新メニューの中から「トラパネーゼソースの冷製パスタ」。トマト、バジルとアーモンドがベースのトラパネーゼソースが思ったより濃厚で美味しかった。

f:id:maru99:20210716112908j:plain

食後に読書。図書館で借りた松井今朝子「芙蓉の干城」を読み終えた。風姿花伝シリーズ3部作と登場人物につながりのある桜田治助シリーズの2作目で、1作めがそこまでの4作のうち筋立てとしては一番面白かったのに、今作はなんというか … 後味が悪かった。その理由としては、ネタバレになってしまうけれども、まず薬物が出てくること。梨園という舞台を薬物と結びつけてほしくなかった。そしてもうひとつ、薬物の件を公にしないほうがいいとの配慮から一連の事件の犯人が消され、結果的に事件が隠蔽されてしまうこと。闇が深すぎる。

もやもやしつつ帰宅し、14時からOTTAVA Andante。以前から自然音が苦手だったのに前回の改編で自然音の時間帯が大幅に増えてしまったために遠ざかりがちだったところ、自然音のチャンネルを独立させ、これまで自然音だった時間帯には従来どおり、ノンストップでクラシック音楽が流れるようになるそうで、来週からの新スタートを控え、今日の番組で斎藤さんから説明があるかと思い聴いていたのだけれど、なかなかその話題にならないのでしびれを切らし、アルパの練習。

そのあと、新シリーズが始まったのに見逃してしまった「孤独のグルメ」をサイトからの配信でカバーし、さらにそのあとTVKでの再放送を録画しておいた「イグアナの娘」。懐かしいなぁ。オリジナルの放送はもう25年も前なのねぇ。萩尾望都さんの原作コミックスを再読しようと思ったのに、なぜか見つからない。絶対、手放したりしていないはずなのにー。