まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

maru992018-09-07

なおみちゃんの準決勝戦を録画予約して、酵素風呂へ。入る前に、左足の人差し指が内出血していることを説明したところ、酵素風呂は骨折やぎっくり腰にもよく効き、治りが早くなるそうで、昨日怪我したばかりならなお今日来てよかったと。不思議ねぇ。即効性は感じないけど、たしかにこの夏、冷房に負けないようになっているからなぁ。

終了後、いつもはタリーズでひと休みするところをまっすぐ帰宅し、シャワーに入り直して念入りに匂いをクリアしてからテニス観戦。なおみちゃんがこれまで連敗しているキーズをストレートで下し、いよいよ決勝へ! すごいすごい!! ジュースに持ち込まれても、アドバンテージを取られても、以前なら明らかに気落ちしていた場面で、小さく拳を握って自分に活を入れ、口をきゅっと結んで前を向く。本当にメンタルが強くなったねぇ。試合中に涙することもあったのに、もうまるで別人のよう。素晴らしい成長。

急いで着替え、ベックスの30品目プレートで腹ごしらえをしてから、和菓子店で手土産を用意し、千代田線と山手線と京浜東北線を乗り継いで川口へ。川口市総合文化センターは駅前すぐで、迷う余地がない。

2階のイベントスペースで、中学の同級生のデザイン書画と陶芸作家さんとの二人展。絵の教室の作品展に来てくれた時以来の再会。「不死鳥」の「鳥」の一画目の周囲をとさかのようにゴールドで飾ることで鳥に見立ててあったり、「お疲れさま」と書かれたグラスにビールの泡を紙粘土で表現してあったり、海をイメージしてシワ加工した和紙に詩の一節が書かれていたりとアイデア満載で、楽しい展示だった。頑張ってるなぁ。私も頑張ろうっと。(何を??? (^^ゞ)

北千住で途中下車して、富澤商店でシフォンケーキの紙型を買い、書店に寄ったら「夏目友人帳」の新刊が出ていて、普通に本だけのと、にゃんこ先生のストラップ付きのセットとの2種類があって、ついついセットのほうを買ってしまう。

コメダ珈琲で「夏目友人帳」を読み終えてから、ココ壱で「淡路島玉ねぎカレー」。インパクトのあるビジュアル。美味しかった。

「透明なゆりかご」と「dele」をじっくり見てから、明日の絵の教室用にシフォンケーキを焼く。前回のチョコレートファッジケーキと同様に、I さんがお好きではないので普段は作らず、毎年 I さんがお休みのこの時期だけ作るケーキ。直径20cmの型の分量を12cmの型に換算すると0.32倍だそうで、3つ焼くからちょうど1倍。いい感じにふくらんでくれた。美味しく焼けていますように。