まるぶろぐ

まるのダイアリーから移行しました。

maru992017-12-06

夕べ早めに切り上げた分、今日は午前中からマジメに仕事に励み、13時すぎにひととおり終了。見直しはやっぱり外でしよう、とコメダ珈琲へ。このところグラタンを注文することが多かったので、たまには別のを、とビーフシチューにしてみた。バゲットが2切れついてきて、ちょうどいいボリューム。コメダの食事のメニューはとかくボリュームが多すぎる傾向にあるから、ちょうどいいメニューは貴重。

1時間ちょっとの作業で見直しが終わり、帰り支度を始めたところへ、また別のクライアントからメールが届き、新たな仕事。こんんなふうにいろんなクライアントから短い案件がちょうどいいタイミングで次々に入るのって珍しい。それに、どの案件もそれほどの大急ぎじゃないのもありがたい。

帰宅後、見直しをした和訳の修正を済ませて送信したのが18時58分。それから慌ただしく身支度をして、19時10分には家を出て、昨日に続く特別レッスンのシバナンダヨガ。昨日のはベーシックで、今日のは「太陽礼拝スペシャル」。昨日と同様に常温のクラスで、念のため長袖のTシャツを用意して行ったんだけど、昨日は途中で暑くて脱ぎたくなるぐらいだったから、事前にインストラクターさんにきいたらプログラム自体が昨日のベーシックよりもかなりハードとのことだったので、迷わずTシャツは脱ぐことにした。それが大正解。昨日よりスタジオ内の温度が低く、床がひんやり感じるくらいだったのに、始まってすぐに汗が出始めた。初めてのポーズも少なくなく、その基本のところまではなんとかなったんだけど、「余裕のある人は次も挑戦してみて」とインストラクターさんが見本を示してくれる上級編の多くはかなりの柔軟性が要求されるもので、身体がすっかり硬くなっている私にはほとんどアクロバットの世界で、とてもじゃないけど無理。上級編の間は基本のポーズをキープしながら深い呼吸を心がける。それでも途中で息が上がりそうになるぐらい、しんどかった〜。ダウンドッグのポーズが何度も入り、いつもならそのダウンドッグをしんどいと感じることが多いのに、それ以上にハードなポーズが多かったから、ダウンドッグになるとホッとひと息つけるような感覚だった。やっぱり私には昨日のベーシックぐらいがいいみたい。

昨日と同じパターンで、帰宅後に新しい案件の英訳をスタートしようとして睡魔に襲われ、しばらく格闘した末に頭がスッキリしたところで少し進めたものの、1時間半ぐらいで切り上げ、残りは明日。

2日間のシバナンダヨガでいつもと違う場所の筋肉を使い、特に腹筋に効くポーズも多かったせいか、早くも腹筋の辺りからお尻にかけて筋肉痛のような…。普通にしていればなんともないんだけど、例えば床に落ちたものを拾おうとした時なんかにアイタタタ、となって動作が鈍くなる。歳だわねぇ (^^ゞ